母の日なにする?

母の日なにをするの?

日ごろの感謝を母親に伝える日「母の日」。母の日の由来や2019年の母の日の日程、一般的に母の日にすることを紹介します。

母の日とは

母の日の起源には諸説ありますが、1907年5月12日にアメリカ在住の女性アンナが、亡き母のことをおもい、花をささげたことが始まりだと言われています。アメリカでは母の日を、記念日として法律で定めています。日付は5月第2日曜日。のちに母の日は世界中に広まり、日本へ浸透しました。

2019年の母の日はいつか

その年によって日付が異なります。母の日は、毎年5月の第2日曜日とされています。2019年は5月12日(日曜日)です。

一般的に母の日にすることを紹介

母の日と言えばカーネーションを贈る日として有名です。母の日に一般的にすることを紹介します。

カーネーションを贈る

カーネーションを一輪添えて、メッセージを贈ったりすることが一般的です。最近はカーネーションのバリエーションが増えています。カーネーションは濃赤だけでなくピンク・オレンジ・青・紫も。色によって意味がちがいます。日ごろの感謝を色で表すのも良いでしょう。スタンダードは一輪、スプレー咲きは花束で贈るといいでしょう。

カーネーション色別の意味

  • 濃赤 私の心に悲しみを
  • ピンク 感謝
  • オレンジ 純粋な愛情
  • 青 永遠の幸福
  • 紫 誇り

プレゼント

感謝の気持ちを込めてプレゼント渡す。定番ですがプレゼントはカーネーションだけでなく、雑貨や相手の好きなものさまざまです。受け取る母親は、品物の価値より、「一生懸命選んでくれた」気持ちが嬉しいはず。プレゼントを選ぶ方も、贈る相手の笑顔を想像して選べることでしょう。
母の日プレゼントお花とお菓子セット
カーネーションとお菓子がセットになった、ちょっと豪華なセットも販売されています。
お菓子だけ、お花だけではさみしいという場合にぴったりですし、よろこんでもらえることでしょう。

ディナーやランチ

いつも離れて暮らしている母親の場合、家族みんなで食事をして過ごすという方法も。オシャレなレストランを予約してみたり、自宅へ招いたりするのもいいでしょう。久しぶりの会話に昔話をはさみながら花が咲くことでしょう。

感謝の気持ちを伝える

プレゼントも大事ですが、これまでお世話になったありがとうの気持ちや、感謝を伝えましょう。そして、手の込んだ手書きのメッセージを添えて、感謝の気持ちを伝えるのもいいかもしれません。手書きメッセージの書き方は人それぞれですが、手書きで感謝の気持ちをつづり送るだけでも、メッセージを受け取る相手はよろこんでくれるでしょう。特別におしゃれなメッセージカードを用意して、メッセージを書くと強い「ありがとうの気持ち」を伝えられます。