断捨離の方法とは

快適な部屋

一人で生活していると、保護者のように管理する人がいないため、ダラダラしてしまいがち。一人暮らしの自由度の高い点はメリットですが、自律心が強くないと、部屋のなかは物で散乱してしまいます。
今回は、部屋が散らからないよう断捨離をご紹介します。

断捨離は生活の質を向上させる目的で考えられました。断捨離の方法をしっかり理解して、一人暮らし生活に役立てましょう。

処分ルールをまとめる

断捨離を始める前に、処分する項目を作成します。たとえば、「1年以上使っていない物を処分する」「同じ物が2つ以上あった場合は1つ残して処分する」などです。

あらかじめ処分する項目を作っておけば、作業中に捨てるべきか判断に迷うことも少なくなるため、スムーズな断捨離ができます。処分するルールを作るとき、今後の生活を具体的にイメージしましょう。具体的にイメージするほど生活に必要な物が判断できます。

手放す勇気を持つ

一度手放すと再び手に入れるのが難しいと考える人は多いかと思います。そのため断捨離を始めてみると「何かあったときのために」と、大切に残してしまうことも。しかし、物を残す考えでは思うように断捨離をすすめることはできません。

いつか使うかもと思った物でも、思い切って手放してみましょう。自分にとって必要のない物を断ち切ることが大切です。また「あまり目立っていないだけで生活で使っているかも」と、処分がハッキリしない物もあるはずです。

この場合は一度わからない物に分類。かごのなかへまとめて入れ、一定期間様子をみましょう。もし生活で必要になるなら、かごから取り出すはずです。期間が過ぎた場合は、不用品と判断しても問題ないので、そのまま処分を検討してください。

できる範囲で断捨離する

最初からたくさんの物を処分しようとすると、途中で疲れてしまいます。始めた断捨離も中途半端なまま終わることになります。また、断捨離が上手くできなかったという気持ちが次回の断捨離を始めるまでに時間をかけてしまいます。

断捨離するときは、ムリのない程度に行なうのが肝心です。10分~15分くらい整理するだけでも、問題ありません。継続的に断捨離を行ない、最終的にスッキリとした部屋になるよう目指しましょう。

たくさんの不用品を売却する

1つ2つほどの不用品ならまだしも、5つ10つと、大量の不用品がでてくる場合も少なくありません。

そのときは、買取業者に連絡してまとめて売却することをおすすめします。フリマサービスが普及し、個人で手軽に売却できるようになりました。しかし、登録手続きや購入希望者との取引など、手間がかかります。特に、高額な出品物の場合は、購入希望者も慎重になります。

取引の進み具合や出品物次第では、売却までに時間をかけてしまいます。たくさんの不用品を処分するとき、フリマサービスの利用は非効率的です。買取業者に買取依頼すると複数の不用品を一度に買取ってくれます。もし、処分に時間がかかると思ったら買取業者へ買取依頼を検討してみてください。